2019年4月14日 更新

みんなどうしてるの⁉留学中のホームシック対策術

留学のときは悩みがつきもの。その中でも最も多い悩みとは、ホームシックについて。 家族や友達と離れ、慣れない場所に住むというのは意外とハードルが高いのです。そこでホームシックの対策術を今回は紹介します。

留学は興味あるけど、、、

こんにちは🌞恋愛と性について学んでいるkaguraです🐥

 (373636)

留学は興味はあるけど、ホームシックになりそうでちょっとこわい・・・

 (366208)

そんなふうに悩んでいる子もいるのでは?

 (366215)

そこで今回は、ホームシックの対策術を紹介します🙌

ホームシックの対策術

1、留学前に会いたい人に会う

留学前に会いたい人に会っておくことは大事です!

 (366216)

私も私の留学友達も、会いたい人のために会う期間を2週間から1ヶ月はつくりました😃

2、家族との時間も大事にする

もちろん、普段一緒にいる家族との時間も大事に過ごしましょう。

 (366211)

一人暮らしをしている子は1週間ほど帰省して、家族とゆっくり過ごす時間をつくっていましたよ😌

3、連絡手段を多く持っておく

今はインターネットを使えば色んな手段で連絡をとることができるので、

 (366217)

なるべく多くの連絡手段を家族や友人と共有しておくと良いでしょう😇

4、連絡頻度を決めておく

家族や友人と連絡をとらないなんてできない😩と思う子は、連絡頻度を決めよう!

 (366213)

留学先と日本の時間を調整して、連絡をとる時間も決めておくと安心ですね♡

49 件

コメント一覧

関連する記事 こんな記事も人気です♪

留学してるのに友達ができない⚠解決法を教えます💓

留学してるのに友達ができない⚠解決法を教えます💓

留学中の心配事といえば、友達ができるかどうかってこと!どうすれば友達ができるのか?その悩みの解決方法を紹介します。
語学留学って効果ある❓私が実際にしていた勉強生活を大公開🌟

語学留学って効果ある❓私が実際にしていた勉強生活を大公開🌟

語学留学に興味はあるけど、実際にちゃんと喋れるようになるの?効果はあるの?と疑問に思うこともありますよね。そこで今回は、私の実際の留学ライフを教えます☆
大学生は可能性でいっぱい⁉講義以外に経験できる7つのこと

大学生は可能性でいっぱい⁉講義以外に経験できる7つのこと

大学進学をする子・考えている子必見!大学生のうちに経験できること・オススメなことを7つピックアップしました!
韓国人の彼氏が欲しい!韓国人の男の子と出会う方法♡

韓国人の彼氏が欲しい!韓国人の男の子と出会う方法♡

こんにちは!うにです。紳士で男らしくてかっこいい韓国人の男の子と知り合いたい!そんなことを思ったことはありませんか?この記事では、韓国人の男の子と出会う方法を5つ紹介します♡
韓国留学しててよかったことと大変だったこと🌟

韓国留学しててよかったことと大変だったこと🌟

韓国の語学堂に1年間留学してみて、よかったことと大変だったことを紹介します😊🌟 これから留学を考えている人は参考にしてみてください!
恋愛の悩みがあるときってどうしてる❓みんなの解決方法とは👍

恋愛の悩みがあるときってどうしてる❓みんなの解決方法とは👍

恋愛の悩みがあるときってどうしているのか気になりませんか。みんなの解決方法を調査しました!
ヤキモチってつらいよね😥妬いてしまう理由と対処法

ヤキモチってつらいよね😥妬いてしまう理由と対処法

あなたはヤキモチを妬きがち?自分の気持ちなのにどうしていいか分からなくて困るときもあると思います。今回はそんな悩みを助けるヤキモチについての記事です♡
語学は〇〇を見て学ぼう💭勉強の方法教えます♡

語学は〇〇を見て学ぼう💭勉強の方法教えます♡

語学って勉強するのは難しいですよね。独学だとなかなか進まなかったり、覚えられなかったり・・・。そんな子にオススメしたい勉強法を今回は紹介したいと思います。
留学したい子必読💮留学のとき日本から持っていくべき物7つ📱

留学したい子必読💮留学のとき日本から持っていくべき物7つ📱

あなたは留学に興味ありますか?すでに留学に行く予定がある子もいるのでは?そんなときに最初に困ることのひとつが、日本から何を持っていけばよいのか、準備するのか、だと思います🎀今回は日本から持っていくべき持ち物を7つ教えたいと思います。
男の子に告白されたけど…。彼と付き合うべきか見極めるコツ7こ

男の子に告白されたけど…。彼と付き合うべきか見極めるコツ7こ

男の子に告白された!仲良くはしてたけど、意識してなかった男の子…。返事はどうするべき?そんな悩みを解決する彼と付き合うべきかどうか見極めるポイントを5こ紹介します。

この記事のライター

kagura kagura