2017年1月6日 更新

自分で切ってる?やってはいけない前髪カットの仕方

ヘアスタイルは変えず、前髪だけ短くカットしたい時ありますよね?そこで今回は、、前髪カットの正しい仕方をご紹介します♡

あなたの前髪、NG切り方かも?

前髪カットは自分でやる子が多いご時世。

前髪カットは自分でやる子が多いご時世。

自分で前髪を切るものの、なーんかうまくいかない。そんな経験ありませんか?(゜゜)

今回はやってはいけない前髪カットと正しいやり方をセットでお届しちゃうよ♡
こうなる前に!!!wwww

前髪カットの仕方♡ポイントその1

まず気を付けたいのが【下を向かないこと!】
下を向いてカットすると、思っていたより短い仕上がりになってしまうんです。
▶正しいカット法

▶正しいカット法

正面から見た状態で切っていきます!
切りすぎた髪は、しばらく戻りません。
慎重に切っていきましょう♪

前髪カットの仕方♡ポイントその2

【湿らせた髪を切るのもNG!】
髪を湿らせると、まとまって束のようになりますよね?
この状態で切ってしまうと、乾いた時短くなりすぎるんです。
 (90755)

髪を切る時は乾いた状態で。
お風呂の後でもドライヤーでしっかり乾かしてから!!!

前髪カットの仕方♡ポイントその3

重すぎる前髪は嫌だからと、「すきばさみ」を使う方もいるかもしれませんね。
でも、【すきばさみの使い過ぎは危険!】
美髪から遠ざかってしまうんです。
 (90760)

根元の方まですきばさみですいてしまうと、根元の短い毛が立ちあがう原因に!
すると、アホ毛が量産されちゃうんですよ~。
枝毛みたいにチクチクするので、使うのは毛先だけに留めましょう◎

前髪カットの仕方♡ポイントその4

 (90762)

どうせ前髪を切るなら、小顔に見えた方が良いですよね!
そこで気を付けたいのが目尻より外側を切らないということ。
 (90761)

目尻より外側まで切ると、顔の面積が広がって見えてしまいます。
モテ髪とは決して言えないヘアスタイルになってしまうかも。
それに、幼い印象にも繋がってしまうので要注意ですよ♪

前髪カットの仕方♡ポイントその5

前髪を切る時、【毛束を持ちあげて切ルノNG】
でも、持ち上げて切ると、下ろした時の長さが分からなくなってしまいます!
 (90763)

持ち上げた髪同士は真っすぐに切れても、下ろしてある髪とのラインが合わないと違和感!
基本的には持ち上げずに切っていきましょう◎

いかがでしたか?♡

最近、前髪だけなら自分で切ってしまうという方が増えています。
友達もやってたし・・・、と軽い気持ちで切ると大変なことになりかねないので注意して。
前髪カットのポイントはきちんと守ってくださいね♡
20 件

コメント一覧

関連する記事 こんな記事も人気です♪

◎■Newトレンド前髪【チョッピーバング】

◎■Newトレンド前髪【チョッピーバング】

トレンドのヘアスタイル、「チョッピーバング」をご存知? これがとにかくカワイイと話題♡眉上まで切りそろえた前髪で、あどけなさや抜け感が出るんだとか♪ 今回は、韓国発祥のトレンド前髪、チョッピーバングについてご紹介します♡
シースルーバングのアレンジが知りたい♡夏にオススメお団子アレンジ

シースルーバングのアレンジが知りたい♡夏にオススメお団子アレンジ

今女子に人気の可愛らしい髪形にシースルーバングがあります。男子受け抜群の髪形ですが、それにお団子ヘアを組み合わせたシースルーバングのヘアアレンジをご紹介♡とても簡単なものばかりなので、ぜひためしてみて♡
高校生は前髪が命!どんなときでも崩れない前髪キープ法♡

高校生は前髪が命!どんなときでも崩れない前髪キープ法♡

髪形をばっちり決めても、風によって前髪が崩れてしまったり、汗で前髪が張り付いたりと意外と前髪が決まらないことがあります。そんな悩みを解決する、前髪をキープする方法をご紹介します。これで前髪の崩れを防止することが出来ます!
【人気サロン直伝!】マフラーをしていても可愛くなれるヘアアレンジ&メイク術!

【人気サロン直伝!】マフラーをしていても可愛くなれるヘアアレンジ&メイク術!

マフラーをしていると髪の毛にクセがついたり、マフラー付近の毛がもわっとしてしまうのが難点。そんなときに使えるヘアアレンジテクを人気サロンの方に教えてもらったよ。

この記事のキュレーター

杏紗実 杏紗実