2019年3月8日 更新

なんであの子は彼と毎日LINEしてるの⁉その秘密を探ってみた💗

あの子は好きな人と毎日LINEしてるらしい。私も気になるあの人とLINEしたい!でも話題もタイミングもつかめない…。今回は好きな彼と毎日LINEができる7つの理由を教えます!

男の子と毎日LINEしているあの子のテクが知りたい❣

こんにちは🌞恋愛と性について学んでいるkaguraです🐥

 (357139)

あの子は男の子と毎日楽しくLINEしているらしい😯

 (357134)

どうやったら男の子とそんなにLINEが続くの⁉と思う子たちのために、テクを教えてもらいました😇

大前提として、、、

LINEをしたいと思う男の子がLINEを持っていなかったり、

 (357140)

なかなかスマホを使えない環境にいる彼とは毎日連絡をとることは難しいと思います💦

 (357135)

LINEを持っていて、スマホを自由に使えるかどうかは事前にチェックしよう🌟

頻度はあまり関係ない✨

毎日LINEをするなら、頻度は気にしない❣

 (357141)

彼に合わせて返事を返そう🎶

時間を決めて送ってみる😃

LINEの返信を決まった時間だけ送ってみて💗

 (357136)

決まった時間に送ることで彼がいつの間にかあなたのLINEを待ってるようになるかも💖

短文で攻める💘

返信の内容は長文は避けて短文で返しましょ💌

 (357143)

さっぱりした返事の方が男の子も重く思わずLINEしてくれますよ😉

質問を頻繁にいれる🤔

43 件

コメント一覧

関連する記事 こんな記事も人気です♪

好きな人とLINEしてる❓話題のきっかけを7つあげちゃいます😉

好きな人とLINEしてる❓話題のきっかけを7つあげちゃいます😉

好きな人とLINEしてますか?LINEしたいけど、話題がないよって子のために、今回は話題のきっかけを7つあげちゃいますっ!
どうしたら返信がくる?彼がLINE既読スルーをする理由7つ

どうしたら返信がくる?彼がLINE既読スルーをする理由7つ

好きな人にLINEするけど、既読スルーされる…。もっと返事がほしい!LINE続けたい!そんな子のために、男の子が既読スルーをする理由を7つ紹介します。
友達から彼女に!?男の子があなたを意識する瞬間7つ

友達から彼女に!?男の子があなたを意識する瞬間7つ

気になる彼・好きな彼と仲は良いけどなかなか進展しない…。友達としてしか見てもらえないっ!モテテクを使って女の子として意識させちゃえ!7つのモテテクニックを紹介します♡
男の子から告白されたい?この子は脈アリだと思う女の子の特徴

男の子から告白されたい?この子は脈アリだと思う女の子の特徴

男の子が告白するタイミングのひとつに、「自分に気があるのかな」と自信をもてたときがあります。それって女の子がどんなことをしたときなんでしょう?今回はその謎を明らかにします!
既読にならない…。彼がLINEを未読スルーする理由7つ

既読にならない…。彼がLINEを未読スルーする理由7つ

男の子ってLINEの返事がめーっちゃ遅いこと、ありますよね。たまに何日も返事がなかったり…。スマホは見ているはずなのに!なぜ未読スルーするのか?男の子がLINEを未読スルーする理由7つを教えちゃいます。
もう彼の好みは調査した?本命にあげたい7つのプレゼント

もう彼の好みは調査した?本命にあげたい7つのプレゼント

そろそろバレンタインも近づくし、それ以降となれば卒業や入学などの節目を迎えますよね。今回は、男の子に送ってバズレなしのプレゼントを7つ紹介します。
ヤキモチってつらいよね😥妬いてしまう理由と対処法

ヤキモチってつらいよね😥妬いてしまう理由と対処法

あなたはヤキモチを妬きがち?自分の気持ちなのにどうしていいか分からなくて困るときもあると思います。今回はそんな悩みを助けるヤキモチについての記事です♡
「おやすみ」はNG⁉️好きな人とのLINEが続く㊙️テクニック✅❤️

「おやすみ」はNG⁉️好きな人とのLINEが続く㊙️テクニック✅❤️

気になるあの人とのLINEを続かせるテクニック、あります💚
男の子が一目惚れする女の子の特徴💝7つ

男の子が一目惚れする女の子の特徴💝7つ

男の子も一目惚れすることはある!でもどんな子?どんなとき?って気になりませんか?顔が可愛いだけじゃないんです。男の子が一目惚れする女の子の特徴7つを紹介します。
2人きりのときがカギ♡彼があなたにハマっちゃう⁉5つの方法💍

2人きりのときがカギ♡彼があなたにハマっちゃう⁉5つの方法💍

2人きりのときこそ彼をメロメロにさせたいっ♡そんなことを思ったことがある子もいるのでは!?今回は2人きりのときに使えるモテテクを紹介します!

この記事のライター

kagura kagura