2016年12月30日 更新

タイツのデニール。あなたの好みを見つけよう!!

「デニール」って知ってる?(タイツの厚みのことだよ)デニールの数字が大きいほど厚手うぃ意味しています!足が透けてみえる低デニールものから、がっつり足を包み込む高デニールのものまで紹介します!

デニールはタイツの”厚み”のこと、高校生の皆にぴったりなのは?

▶デニール数=タイツの厚み

▶デニール数=タイツの厚み

タイツには数字の表記が!あの数字が「デニール」といって、厚みを表す単位を意味しています。数字が大きいほど生地が分厚いタイツ\(゜ロ\)(/ロ゜)/

数字が小さいほど肌が透けて見え、逆に数字が大きいほど肌を隠し、寒さを防いでくれます♥

高校生なら通学時は防寒もできる110デニール

 (88282)

登下校に寒すぎる。電車通勤で痴漢が出る。という女子高生におすすめなのが110デニールのタイツ!

しっかり生足をカバーしてくれるので、あったか安心♥
遠赤外線効果などで、さらに保温機能を強化しているものもあるので、チェックしてみてね!
Instagram (95625)

リブタイプのほうが暖かい♥
今年はリブタイツがトレンドなので、コーデにプラスしてみて!

一般的なのは60・80デニールのタイツ

秋冬におすすめなのは80デニール♥
80デニール

80デニール

80デニールならしっかり黒の色味が出つつ、透け感もあるので美脚効果あり!脚に立体感をプラスすることができるよ!
暖かさを求めるなら110デニールがおすすめ♥
透け感はほとんどないですが、生地の厚さの割にすっきりとした印象を与えてくれます(゜゜)♥

110デニールもおすすめなのです!

女子高校生なら薄め30・40デニールで美脚を見せたい

 (88318)

30・40デニールのカラータイツはシアーな素肌感をポイントしたものが多し!!!
ほとんどストッキングと大差がないような仕上がりになりますが、ストッキングよりは幾分温かいので、美脚を見せつつ防寒したい冬場は特にオススメです。
40デニール

40デニール

足を組むと膝はここまで透けるのが40デニール!

ミニスカートに40デニールのタイツは、なかなか男子の目をひきつけてしまうのでは!?女子としての気合も必要。

電線に、気をつけろ!!!
30デニール

30デニール

30デニールで、グレー系は元の肌色にもよりますが、クールな仕上がりに。
見た目が寒そうで、男子が心配になり、優しくしてくれるかも(?)

おわりに

低デニールのタイツはセクシー♥高デニールのタイツは防寒♥
用途に合わせて、デニール数をコントロールしてみては?(゜゜)♥
16 件

コメント一覧

関連する記事 こんな記事も人気です♪

3足1080円!種類豊富で安すぎるっ!!チュチュアンナのタイツ徹底ガイド♡

3足1080円!種類豊富で安すぎるっ!!チュチュアンナのタイツ徹底ガイド♡

タイツの厚さ次第で脚の見え方が変わるって!?嘘だと思ったでしょ!でもけっこう印象が変わるんですよ♪ チュチュアンナの3足1.000円のタイツは厚さの種類も豊富♡厚さと見え方や種類を徹底ガイドしちゃいます♪
タイツは何デニールがちょうどいい?デニール別の透け方カタログ

タイツは何デニールがちょうどいい?デニール別の透け方カタログ

秋冬や、素足を見せたくない方に重宝されるタイツ。デニール数によって大きな違いがあることをご存知ですか?透け方の違いを理解することで、コーデをより魅力的に見せることができるんです♪足の細見せも可能なタイツについて紹介していきます!
どう違うの?タイツとストッキングの気になるデニール数を比較!

どう違うの?タイツとストッキングの気になるデニール数を比較!

タイツの″デニール数″が生地の薄さを意味することは分かっていても、デニール数の違いについてはよく分からないという女の子も多いと思います。 今回はデニール数によってどんな違いがあるのかを比較してみました☆
高校生ってどんな恋愛してるの?恋愛体験と心理まとめ!

高校生ってどんな恋愛してるの?恋愛体験と心理まとめ!

高校生女子は、恋愛事情が気になるお年頃。自分の恋愛はもちろんのこと、友人たちのことから男子が考える恋愛事情にも興味シンシンですよね。ここでは、男子高校生から見た恋愛事情を垣間見てみましょう。男子視点を知ることで、きっと役に立つはずです!
iphoneケースはコレっしょ!ifaceはピンクorデコがトレンド♡

iphoneケースはコレっしょ!ifaceはピンクorデコがトレンド♡

iphoneケースといえば、人気の高い「iface」がおすすめです。そんな人気ブランドifaceの今のトレンドはピンク&デコ。トレンドを取り入れたifaceを使いこなしてイマドキ女子になっちゃいましょう!

この記事のキュレーター

ハニーさん ハニーさん