2017年3月20日 更新

タイツのデニール。あなたの好みを見つけよう!!

「デニール」って知ってる?(タイツの厚みのことだよ)デニールの数字が大きいほど厚手うぃ意味しています!足が透けてみえる低デニールものから、がっつり足を包み込む高デニールのものまで紹介します!

デニールはタイツの”厚み”のこと、高校生の皆にぴったりなのは?

▶デニール数=タイツの厚み

▶デニール数=タイツの厚み

タイツには数字の表記が!あの数字が「デニール」といって、厚みを表す単位を意味しています。数字が大きいほど生地が分厚いタイツ\(゜ロ\)(/ロ゜)/

数字が小さいほど肌が透けて見え、逆に数字が大きいほど肌を隠し、寒さを防いでくれます♥

高校生なら通学時は防寒もできる110デニール

 (88282)

登下校に寒すぎる。電車通勤で痴漢が出る。という女子高生におすすめなのが110デニールのタイツ!

しっかり生足をカバーしてくれるので、あったか安心♥
遠赤外線効果などで、さらに保温機能を強化しているものもあるので、チェックしてみてね!

リブタイプのほうが暖かい♥
今年はリブタイツがトレンドなので、コーデにプラスしてみて!

一般的なのは60・80デニールのタイツ

秋冬におすすめなのは80デニール♥
80デニール

80デニール

80デニールならしっかり黒の色味が出つつ、透け感もあるので美脚効果あり!脚に立体感をプラスすることができるよ!
暖かさを求めるなら110デニールがおすすめ♥
透け感はほとんどないですが、生地の厚さの割にすっきりとした印象を与えてくれます(゜゜)♥

110デニールもおすすめなのです!

女子高校生なら薄め30・40デニールで美脚を見せたい

 (88318)

30・40デニールのカラータイツはシアーな素肌感をポイントしたものが多し!!!
ほとんどストッキングと大差がないような仕上がりになりますが、ストッキングよりは幾分温かいので、美脚を見せつつ防寒したい冬場は特にオススメです。
40デニール

40デニール

足を組むと膝はここまで透けるのが40デニール!

ミニスカートに40デニールのタイツは、なかなか男子の目をひきつけてしまうのでは!?女子としての気合も必要。

電線に、気をつけろ!!!
30デニール

30デニール

30デニールで、グレー系は元の肌色にもよりますが、クールな仕上がりに。
見た目が寒そうで、男子が心配になり、優しくしてくれるかも(?)

おわりに

低デニールのタイツはセクシー♥高デニールのタイツは防寒♥
用途に合わせて、デニール数をコントロールしてみては?(゜゜)♥
16 件

コメント一覧

関連する記事 こんな記事も人気です♪

3足1080円!種類豊富で安すぎるっ!!チュチュアンナのタイツ徹底ガイド♡

3足1080円!種類豊富で安すぎるっ!!チュチュアンナのタイツ徹底ガイド♡

タイツの厚さ次第で脚の見え方が変わるって!?嘘だと思ったでしょ!でもけっこう印象が変わるんですよ♪ チュチュアンナの3足1.000円のタイツは厚さの種類も豊富♡厚さと見え方や種類を徹底ガイドしちゃいます♪
【なにこれ・・!】おもしろかわいい文房具で楽しく勉強しちゃおう♡

【なにこれ・・!】おもしろかわいい文房具で楽しく勉強しちゃおう♡

テスト前、受験前、学生は勉強しなきゃいけない時期がたくさん!でも、いっつも途中で飽きちゃう・・・。そんな悩みを解決するには、おもしろくてかわいい文房具が必要♪ここで紹介するアイテムを集めれば、きっと今よりも勉強が楽しくなるはず!
NNS
卒業旅行に行きたいっ🎶🎶高校生におすすめ旅行先5選☺🌟

卒業旅行に行きたいっ🎶🎶高校生におすすめ旅行先5選☺🌟

高校卒業にあたり、友達と卒業旅行を企画している人は多いのでは?でもどこに行けばいいのか、ちょっと迷っちゃいますよね。そんな方のために、高校生におすすめの卒業旅行の行き先をご紹介します!どこもお安いので、ちょっとバイトを頑張れば行けますよ♪
NNS
成績が上がる!?韓国の高校生も実践している「コーネルノートシステム」をご紹介♪

成績が上がる!?韓国の高校生も実践している「コーネルノートシステム」をご紹介♪

日本よりも受験戦争が激しい韓国。日本ではセンター試験あたる韓国の大学入試の修能(スヌン)の日は、テレビで大々的に取り上げられるほど毎年注目されています。そんな韓国の高校生が取り入れる勉強法「コーネルノートシステム」をご紹介していきます!
高校生におすすめのおしゃれなバイト

高校生におすすめのおしゃれなバイト

高校生になったら彼氏ができたり、友達と遊びに行ったり、もしくは将来のために貯金したりと、お金が必要になりますよね。友達にも自慢できるようなおしゃれなバイトでお金も経験を積んで、楽しいハイスクール生活を始めてみましょう。

この記事のキュレーター

ハニーさん ハニーさん