2017年4月20日 更新

プリを撮るのに服がダサい時の対処法。

友達とプリを撮影に来たけれど、うっかりダサい服で来ちゃった・・・。そんな経験をしたことのある女子も結構多いんじゃないでしょうか?そこで今回はプリを撮る時に実践したいダサい服のごまかし方を紹介しますよ!

プリを撮るのにダサい服・・・。一体どうしよう!?

せっかくプリを撮るのにダサい服で来てしまったあなた。
プリは残るものだからなんとかダサい服をごまかしたい!そんなときにおすすめしたい方法をお伝えします!

ダサい服でプリを撮るならこの対処法 その1「構図を工夫する」

 (123440)

例えばこんな構図。
しっかりと全面に出れば服が隠れてしまいダサい服でも目立たないのでしっかりとカバーすることができますね。
 (123445)

全体的にアップで撮影すれば顔の方に注目が行くので、服から視線をそらすことができますよ。
 (123450)

このように小物を使うのもおすすめテクニック。
おそらくこういったぬいぐるみはちょうどよく持っていないので、カバンなどを使ってみましょう。

ダサい服でプリを撮るならこの対処法 その2「背景でごまかす」

 (123465)

この画像のように背景を派手にするのも抑えておきたいポイント。
背景とは関係ありませんが、ぬいぐるみを入れているのも素晴らしいですね。
 (123469)

こちらは背景をグラデーションにしています。
こうなると視線は中央のグラデーションかかった場所へ向くのでごまかすことができますね。
 (123471)

こちらは明るいタイプの背景。
一見シンプルな背景ですが、全体とのバランスが取れている一枚です。

ダサい服でプリを撮るならこの対処法 その3「落書きでごまかす」

 (123477)

最終手段は落書きや文字などを服の上にもってくる方法。
一見荒業なのですが、文字を書くこと自体は不自然ではないので問題なくカバーができますよ。
 (123478)

とにかくたくさん書きなぐってみたのがこちらのプリ。
プリ1枚に含まれる要素をとにかく多くすれば案外ごまかしがききますね。
できるだけ多い人数で撮影するというのも意外と重要!
 (123480)

こちらは完全に服の上に落書きをしているプリ。
とにかく服をごまかしたいという場合はこれでも問題ありませんよ!

でもあまりにも落書きが多すぎるとほとんど顔しか分からなくなってしまうため、服をなんとか隠したくてもやりすぎないようにしましょう。

いかがでしたか?

今回はダサい服を着ているのにプリを撮ることになったときの対処法をご紹介しました。
構図や背景、落書き機能をしっかりと使ってカバーすれば問題ありませんよ!
16 件

コメント一覧

関連する記事 こんな記事も人気です♪

男子に嫌われそうなプリでのポーズを勝手にランキングしてみた!wwwwwww

男子に嫌われそうなプリでのポーズを勝手にランキングしてみた!wwwwwww

ファッションに男子ウケがあるように、プリのポーズにも男子ウケがあるはず。どんなポーズが好まれて、嫌われるのでしょうか。今回は、独断で勝手にプリのポーズの男子ウケ良し悪しを考えてみました。初デートのプリ撮影のときに参考にしてみて!
こんなに盛れる!プリの背景を選ぶときの5つのポイント♡

こんなに盛れる!プリの背景を選ぶときの5つのポイント♡

プリクラを撮るとき適当に背景を選んでいませんか?実は、背景を変えるだけでプリクラの印象はガラッと変わるんです♡「かわいいプリが撮りたい!」「盛りたい」そんな子はぜひ、ポイントを押さえて背景を選んでみよう♡
超おしゃれ♥プリは「後姿」でも撮ってみて♥

超おしゃれ♥プリは「後姿」でも撮ってみて♥

真正面から撮るのもいいけど、プリは後姿で撮るとおしゃれだし、面白いんですよ♪インスタに投稿して、みんなから「いいね」をもらいまくっちゃいましょう!ヘアアレンジもキレイに写せる後姿プリの魅力をご紹介します。
女子力たっぷり。モテるアイコン向きなプリの撮り方!

女子力たっぷり。モテるアイコン向きなプリの撮り方!

ラインやツイッターのアイコンはその人のイメージを想像させることもあるので、とっても大事。モテたい女子におすすめな女子力がアピールできちゃうプリの撮り方を紹介します♡
なんで?男子だけでプリが撮れない意外な理由って?

なんで?男子だけでプリが撮れない意外な理由って?

プリコーナーでよく見る「男子禁制」の看板。どうして男子禁制なのか、理由はわかりますか?でも、意外と男子もプリを撮ることが好きで男子同士で撮りたいという人も多い様子。今回はプリが男子禁制になった理由と現状を調査してみました!

この記事のキュレーター

ももか ももか