2020年5月4日 更新

【黒髪ヘアカタログ最新版♡】垢抜けて見える髪型はコレでした🍒

大人気の黒髪ヘアカタ最新版ができました♡垢抜けて見えるヘアスタイルをまとめてきたよ☺️💐

アンニョン〜♡Kaiです🥰✨

今日はハルハルでも大人気の垢抜けられる黒髪ヘアを最新版でお届けします!💓
 (473618)

▽KaiのSNSも更新しているよ☺️♡

 (473998)

今、可愛い黒髪スタイルをマネしたい💐

 (473920)

垢抜けられる黒髪ヘアはハルハルgirlたちも気になっているはず♡

トレンドも変わっていくので、"今可愛い"スタイルをマネしたいですよね🥺🍒

【黒髪ヘアカタログ最新版♡】垢抜けて見える髪型はコレでした🍒

 (473919)

黒髪だからこそ垢抜けて見えるヘアスタイルを集めてきました♡

早速チェックしていきましょう💐

大人見えするのは韓国前髪×ロング。

 (473887)

韓国っぽ前髪とロングヘアは相性抜群♡

大人っぽく見せたいときは、シースルーバングよりも長め前髪がおすすめだよ🥰✨
 (473890)

おろしてもわけてもセットできるような、目の下辺りの長さが大人見えします♡ ˎˊ˗

いつもよりグッと垢抜けた黒髪スタイルができちゃうよ🥰

黒髪で作る韓国ミディアム。

 (473912)

マネしやすくて垢抜けられるのは、韓国っぽミディアム𓍼

肩〜胸の辺りの長さで重ためにしておくと、セットも楽々キマります♡
 (473913)

可愛くするならシースルーバング、大人っぽくするなら前髪も伸ばして…♪

顔まわりを外巻きにしたり、毛先をワンカールするだけで黒髪も抜け感のあるヘアスタイルに見えますよ🥰✨

イメチェンするなら最新タンバルモリ。

 (473889)

ショートはちょっとハードル高い…!そんなあなたにおすすめなのがちょっぴり長めのタンバルモリ♡

顎下でラインができるので小顔効果も抜群なんです🥺🌷
47 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【劇的垢抜け♡】本当に黒髪が映えるヘアアレはコレでした🍒

【劇的垢抜け♡】本当に黒髪が映えるヘアアレはコレでした🍒

黒髪女子が本当に垢抜けて見えるヘアアレンジって知っていますか?♡簡単で黒髪が映えるアレンジを紹介します✨
Kai
髪型変えたらモテました🤭♡黒髪で作る愛されヘア一覧💓

髪型変えたらモテました🤭♡黒髪で作る愛されヘア一覧💓

黒髪で愛され度満点の髪型が知りたいっ!💓モテるようになる黒髪ヘアカタログで、モテヘアにチェンジしませんか?☺️
Kai
校則もクリアできちゃうかも♡前髪だけ変えて垢抜ける黒髪ヘア✂️♥️

校則もクリアできちゃうかも♡前髪だけ変えて垢抜ける黒髪ヘア✂️♥️

黒髪女子は、前髪を変えるだけでもぐっと垢抜けられるんです♡校則もクリアできちゃうヘアスタイルをまとめてきたよ☺️
Kai
みんなの韓国っぽヘア見せて♡日本人オルチャン流ヘアカタログ✂️

みんなの韓国っぽヘア見せて♡日本人オルチャン流ヘアカタログ✂️

”韓国っぽ日本人”として人気の女の子たちがやっているヘアスタイルを大特集!これをみればオルチャンに見えるポイントがわかるはず🍒
Kai
前髪だけでこんなに可愛い♡黒髪女子がマネするべきヘア4選✂️

前髪だけでこんなに可愛い♡黒髪女子がマネするべきヘア4選✂️

黒髪女子にマネして欲しい前髪スタイルを厳選🍒前髪チェンジするだけでこんなに可愛く変身できちゃうんです。。♡
Kai
黒髪=垢抜けないは古い♡韓国っぽスタイルに変身する方法🍒

黒髪=垢抜けないは古い♡韓国っぽスタイルに変身する方法🍒

今は黒髪はおしゃ女子の定番スタイル♡大人っぽくて垢抜けられる韓国ヘアにしてみませんか?🌷
Kai
あなたは当てはまる?垢抜けて見える黒髪ヘアの特徴✂️♡

あなたは当てはまる?垢抜けて見える黒髪ヘアの特徴✂️♡

黒髪でも垢抜けて見えるヘアスタイルには、いくつか特徴があるんです🍒黒髪女子が垢抜けるための秘密がみつかるかも。。♡
Kai
初心者さんも大変身できる♡韓国っぽくなれる髪型まとめ✂︎🍒

初心者さんも大変身できる♡韓国っぽくなれる髪型まとめ✂︎🍒

韓国初心者さんでも韓国っぽくなれちゃう髪型教えます♡好きなスタイルを真似して、韓国っぽ女子になっちゃおう😍✨
Kai
巻かずに可愛いなんて神…🥺♡不器用さん必見の簡単ヘアアレ🍒

巻かずに可愛いなんて神…🥺♡不器用さん必見の簡単ヘアアレ🍒

不器用さんでも!時間のないときでも!いつでも簡単にできるヘアアレを覚えちゃおう♡ ˎˊ˗
Kai
学生さんでもできちゃう♡可愛く見える前髪の作り方✂️♥️

学生さんでもできちゃう♡可愛く見える前髪の作り方✂️♥️

垢抜けポイントはズバリ『前髪』♥️可愛く見える前髪って、こんなのです…♡
Kai

この記事のライター

Kai Kai