2020年3月30日 更新

黒髪だけどイメチェンしたい♡モテ&垢抜けヘアにする方法✂️✨

カラーは変えず、黒髪のままイメチェンしたい子必見♡モテ度も高くて垢抜けられちゃうイメチェン、してみませんか?💗

アンニョンハセヨー♡Kaiです🍒

今日は黒髪のままできるイメチェン術をみんなにシェアしたいと思います✂︎⋆✫*
 (464653)

▽KaiのSNSでも繋がりましょう😍🍓

 (466431)

黒髪ってスタイルが限られるイメージありませんか?🤔💭

 (466873)

カラーでイメチェンできない黒髪。
なんとなくマンネリ化することもありますよね💭

でも、黒髪でもイメチェンする方法って実はたくさんあるんです😉💓

黒髪だけどイメチェンしたい♡モテ&垢抜けヘアにする方法✂️✨

 (466881)

今回は、黒髪でもイメチェンしたい女子のために♡

モテ&垢抜けが叶う、黒髪ヘアカタログを大公開しちゃいます😘✨

①前髪チェンジでこんなに変わる♡

 (466876)

まず試してほしいのは、やっぱり前髪チェンジ

伸ばしてみる、切ってみるのはもちろん、スタイルだけを変えることもできちゃうんです☺️🌷
 (466877)

重ため、軽めだけでも印象は変わります!

更にシースルーバングにするなら幅もせまくしてみてくださいね♡

サイドの毛はよけて伸ばしていくと、幅がせまい前髪になります👌🏻💕

②レイヤー次第で理想のスタイルに♡

 (466878)

顔周りにレイヤーを入れると、巻いたときに動きが出たり、アレンジしたときにおくれ毛が映えるスタイルになるんです🥰✨
 (466879)

逆にレイヤーの入っている髪は、整えカットをしながら伸ばしてレイヤーのない重ためロングにすることも!◎

オルチャンたちは毛先重ため、顔周りのみレイヤー有が多いですよね🍒

③長さを変えるなら韓国っぽく♡

 (466880)

短くタンバルモリにしてみたり、エクステでロングにしてみたり、、♡

長さを変えるなら、韓国女子のスタイルを参考にするとグッと垢抜けられちゃいそう💐💗
45 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

黒髪=垢抜けないは古い♡韓国っぽスタイルに変身する方法🍒

黒髪=垢抜けないは古い♡韓国っぽスタイルに変身する方法🍒

今は黒髪はおしゃ女子の定番スタイル♡大人っぽくて垢抜けられる韓国ヘアにしてみませんか?🌷
Kai
あなたは当てはまる?垢抜けて見える黒髪ヘアの特徴✂️♡

あなたは当てはまる?垢抜けて見える黒髪ヘアの特徴✂️♡

黒髪でも垢抜けて見えるヘアスタイルには、いくつか特徴があるんです🍒黒髪女子が垢抜けるための秘密がみつかるかも。。♡
Kai
イメチェンしよ!💓黒髪女子は韓国っぽヘアでモテるべし♡

イメチェンしよ!💓黒髪女子は韓国っぽヘアでモテるべし♡

黒髪だってイメチェンしたい♡そんなときは韓国っぽヘアでモテ度もUPしちゃいませんか?🥳🍒
Kai
髪型変えたらモテました🤭♡黒髪で作る愛されヘア一覧💓

髪型変えたらモテました🤭♡黒髪で作る愛されヘア一覧💓

黒髪で愛され度満点の髪型が知りたいっ!💓モテるようになる黒髪ヘアカタログで、モテヘアにチェンジしませんか?☺️
Kai
【劇的垢抜け♡】本当に黒髪が映えるヘアアレはコレでした🍒

【劇的垢抜け♡】本当に黒髪が映えるヘアアレはコレでした🍒

黒髪女子が本当に垢抜けて見えるヘアアレンジって知っていますか?♡簡単で黒髪が映えるアレンジを紹介します✨
Kai
【ALL黒髪向け✂️】簡単にできる!韓国女子的モテヘア♡

【ALL黒髪向け✂️】簡単にできる!韓国女子的モテヘア♡

みんなーー!♥️黒髪向け!簡単!モテる!そんなヘアスタイルを厳選してきたよーー📣❤️
Kai
黒髪女子が120%可愛く見える!簡単垢抜けヘア5選✂️♡

黒髪女子が120%可愛く見える!簡単垢抜けヘア5選✂️♡

黒髪女子が可愛く&垢抜けて見えるのは?♡ヘアスタイルのポイントを教えます💓
Kai
顔タイプで選ぶ!あなたに似合う"モテ前髪"診断✂️♡

顔タイプで選ぶ!あなたに似合う"モテ前髪"診断✂️♡

モテ顔を作る第一歩は前髪からって噂…💓顔のタイプから、自分に似合う前髪を見つけちゃおう!♡
Kai
あなたのヘアスタイルは?🧐垢抜けて見える黒髪の特徴4選✂︎

あなたのヘアスタイルは?🧐垢抜けて見える黒髪の特徴4選✂︎

黒髪女子が垢抜けて見えるには、いくつかポイントがあるんです♡あなたの黒髪は当てはまるのか、チェックしてみてね🥰✨
Kai
初心者さんも大変身できる♡韓国っぽくなれる髪型まとめ✂︎🍒

初心者さんも大変身できる♡韓国っぽくなれる髪型まとめ✂︎🍒

韓国初心者さんでも韓国っぽくなれちゃう髪型教えます♡好きなスタイルを真似して、韓国っぽ女子になっちゃおう😍✨
Kai

この記事のライター

Kai Kai