2019年3月6日 更新

男の子から告白されたい?この子は脈アリだと思う女の子の特徴

男の子が告白するタイミングのひとつに、「自分に気があるのかな」と自信をもてたときがあります。それって女の子がどんなことをしたときなんでしょう?今回はその謎を明らかにします!

どんな女の子が告白されやすい❓

こんにちは🌞恋愛と性について学んでいるkaguraです🐥

 (357778)

男の子は女の子のどんなところを見て告白しようと思うのでしょうか❓

 (357773)

まずは告白されやすい女の子の特徴を調べました

1、堅いイメージがない

男の子は壁を感じると苦手意識を持ってしまうもの💦

 (357783)

ぶっきらぼうな態度をしない・彼に対して緊張しすぎないことが大事ですね 😌

2、清潔感がある

見た目だったら可愛さではなく、清潔感の方が重要なんです🤗

 (357774)

清潔感があると、上品な子にも見えるし接しやすいと男の子は思うそうなんです

3、サバサバしている

モテる子といえば明るくてサバサバしている子🌞

 (357779)

告白の返事がどうであれ、関係性が悪くならなそうだということからサバサバ女子は人気なのです😍

脈アリだと思う女子の行動💗

では、「告白したい❣」と男の子が思う瞬間ってどんなときなんでしょ❓

 (357776)

「この子は脈ありかも❓告白したいな」と思う女子の行動を紹介します💓

1、自分の話に笑ってくれる

自分の話を面白いと笑ってくれる女の子はやっぱり好印象💗

 (357784)

45 件

コメント一覧

関連する記事 こんな記事も人気です♪

友達から彼女に!?男の子があなたを意識する瞬間7つ

友達から彼女に!?男の子があなたを意識する瞬間7つ

気になる彼・好きな彼と仲は良いけどなかなか進展しない…。友達としてしか見てもらえないっ!モテテクを使って女の子として意識させちゃえ!7つのモテテクニックを紹介します♡
なんであの子は彼と毎日LINEしてるの⁉その秘密を探ってみた💗

なんであの子は彼と毎日LINEしてるの⁉その秘密を探ってみた💗

あの子は好きな人と毎日LINEしてるらしい。私も気になるあの人とLINEしたい!でも話題もタイミングもつかめない…。今回は好きな彼と毎日LINEができる7つの理由を教えます!
LINEで◯◯するだけ!気になる彼にどう思われているか分かる方法

LINEで◯◯するだけ!気になる彼にどう思われているか分かる方法

気になる男性が自分のことをどう思っているのか知りたくないですか?そんなとき、日常生活の中で簡単に試せる脈アリ診断を紹介します♡
ヤキモチってつらいよね😥妬いてしまう理由と対処法

ヤキモチってつらいよね😥妬いてしまう理由と対処法

あなたはヤキモチを妬きがち?自分の気持ちなのにどうしていいか分からなくて困るときもあると思います。今回はそんな悩みを助けるヤキモチについての記事です♡
2人きりのときがカギ♡彼があなたにハマっちゃう⁉5つの方法💍

2人きりのときがカギ♡彼があなたにハマっちゃう⁉5つの方法💍

2人きりのときこそ彼をメロメロにさせたいっ♡そんなことを思ったことがある子もいるのでは!?今回は2人きりのときに使えるモテテクを紹介します!
男の子が一目惚れする女の子の特徴💝7つ

男の子が一目惚れする女の子の特徴💝7つ

男の子も一目惚れすることはある!でもどんな子?どんなとき?って気になりませんか?顔が可愛いだけじゃないんです。男の子が一目惚れする女の子の特徴7つを紹介します。
話したことがない気になる男子と打ち解ける方法💡7つ

話したことがない気になる男子と打ち解ける方法💡7つ

話したことはないけど、なんとなく気になるあの人。仲良くなりたいけど、方法がわからない!そんな子のために、今回は打ち解ける方法を7つ教えます。
もう彼の好みは調査した?本命にあげたい7つのプレゼント

もう彼の好みは調査した?本命にあげたい7つのプレゼント

そろそろバレンタインも近づくし、それ以降となれば卒業や入学などの節目を迎えますよね。今回は、男の子に送ってバズレなしのプレゼントを7つ紹介します。
好きな人とLINEしてる❓話題のきっかけを7つあげちゃいます😉

好きな人とLINEしてる❓話題のきっかけを7つあげちゃいます😉

好きな人とLINEしてますか?LINEしたいけど、話題がないよって子のために、今回は話題のきっかけを7つあげちゃいますっ!
【一途な恋愛】あなたを大事にしてくれる男の子の特徴7つ😗

【一途な恋愛】あなたを大事にしてくれる男の子の特徴7つ😗

あなたのことをちゃんと大切にしてくれる男の子ってどんな人だと思いますか?今回は、付き合ったら彼女のことを大事にしてくれる男の子の特徴を7つ紹介します。

この記事のライター

kagura kagura